« 銀魂第44話 | トップページ | 京四郎と永遠の空第8話 刻の目覚め »

幕末機関説いろはにほへと第20話 波浪ありて

うなされる耀次郎に萌え♪♪♪

赫之丈に斬られ、海に落ちた耀次郎。浜辺に打ち上げられたとこ

ろを母子に助けられる。

母子は2人暮らし。父は戦に出たきり帰ってこない。

「なぜ戦うのか?」その問いに耀次郎は答えることができなかった。

ある日、娘が海に落ちてしまうが、母に何とか助けられる。

母子の姿を見て、耀次郎も己の宿命に立ち向かう決意をする。

一方、旧幕府軍は松前城を攻略、蝦夷を完全制覇し、共和国樹

を宣言する。

「幕はまだまだ先の先。我が共和国は蝦夷のみにあらず。」

蒼鉄の野望はいづこに???

永遠の刺客の真の宿命とは?

耀次郎、赫之丈、神無の関係も気になる~~~!

残りですべて明かされるんでしょうか?

幕末機関説 いろはにほへと 巻の二 DVD 幕末機関説 いろはにほへと 巻の二

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 銀魂第44話 | トップページ | 京四郎と永遠の空第8話 刻の目覚め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189284/5462300

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末機関説いろはにほへと第20話 波浪ありて:

» 幕末機関説いろはにほへと 第20話 [本を読みながら日記をつけるBlog]
「波浪ありて」 吾等に勝機在り! [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 22時10分

» 幕末機関説 いろはにほへと #20 「波浪ありて」 [マンガに恋する女の ゆるゆるライフ]
すみません、みつさん・・・ 声を聞くまで男性だと思いました…ペコリ そして・・・勝生真沙子さん! 東北出身だから話しぶりが巧みだったのですね!?o(*'o'*)oウオオォォォォ!!  ↓  ↓... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 22時10分

» 幕末機関説いろはにほへと第20話「波浪ありて」 [こしょぞうさんの叫び]
 あわや土座衛門になりかけていた耀次郎、みつさんに拾われて、無事息を吹き返しま [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 22時20分

» 幕末機関説 いろはにほへと 第20話「波浪ありて」 [WONDER TIME]
「己が宿命の真なるを知る事なら・・ そこからなら――」 耀次郎 復活――っ!!! やっぱり耀次郎が居ないとね!(笑) 本日より、第20話「波浪ありて」配信です! 感想は続きからどうぞっ!! 幕末機関説 いろはにほへと ... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 22時28分

» 幕末機関説 いろはにほへと 20「波浪ありて」 [はざまの欠片]
んー、何だか話が足踏みしてるように思えるんですが…。 榎本武揚率いる旧幕府軍は松前城攻略に成功し、ここに蝦夷共和国誕生! 土方や鉄之助も雪の吹きすさぶ中、命懸けで戦っておりました。 ちょっと話は遡ってその半月前、浜に打ち上げられた耀次郎は海女さん一家に助....... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 22時29分

» 幕末機関説 いろはにほへと 第20話 [孤狼Nachtwanderung]
第20話「波浪ありて」 回天丸の榎本の砲撃を受け斬り込んだ土方らは松前城を落とした! 「鉄之助、旗を持て!」 「はいっ!」 ♪ ◇\(o・o・o)/◆ 赤あげて~白さげないで~赤さげない~♪ 「・・・・・・・・・(ー'`ー;) 鉄之助、斬られたいか?」 そして蝦... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 23時16分

» 幕末機関説いろはにほへと 第20話 『波浪ありて』 [ティンカーベルをください]
宿命が耀次郎を死なせはしない 今回は、母娘に拾われた耀次郎と、蝦夷平定のために福山上に攻め込む土方さんたちの話。 [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 23時35分

» 幕末機関説 いろはにほへと 第20話「波浪ありて」 [超・戯れ言]
流れ着いた耀次郎を助けた子供の母親みつ。 最初にみたとき男前な顔してたので男かと [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 10時26分

» 幕末機関説 いろはにほへと/20話 波浪ありて [てけと〜な日記]
蝦夷における支配権確立を目指す旧幕府軍。 土方歳三率いる軍勢は回天丸、蟠龍丸と共に松前城を目指すが、 時化と吹雪、そして松前城兵の思わぬ抵抗により攻略は遅々として進まず。 だが天は榎本武揚ら、旧幕府軍に味方するのであった。... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 12時38分

» 幕末機関説いろはにほへと 『波浪ありて』 [日々是「紫」]
あら、アニメの感想書くのも久しぶりだわ。 先週は、耀次郎の台詞がまったく無かったから書いてないのか。 耀次郎を後ろから刺した女の叫びなど聞きたくもなし さて、さむ〜い海を漂い流れ着いた辺鄙な浜辺。 そこに暮... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 16時42分

» いろはにほへと #20 波浪ありて [ひねもす のたり のたり かな ver.2]
生きていく間には、波風がたってはじめて気づくことがあるよね†、って回でした。 背... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 20時02分

» 幕末機関説いろはにほへと・第20話『波浪ありて』 [そんなん、アカンやん。]
命とは何なのか。 死を恐れず死に急ぐ者。 明日の生を賢明に生きる者。 己が自由に出来る己の命をどう生きるか。 榎本は過酷な条件の中、力を発動し福山城を落とし、蝦夷完全平圧。 覇者の首の妖気は「榎本を信じる」土方にも帯びていた。 戦に勝利した榎本は五稜郭に蝦夷..... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 22時18分

« 銀魂第44話 | トップページ | 京四郎と永遠の空第8話 刻の目覚め »