« コルダ2 | トップページ | 京四郎と永遠の空第9・10話 »

幕末機関説いろはにほへと第21・22話

聖天様・・・一体何者?

勝や西郷も頭があがらない存在なんだ・・・いまだに謎の人物。

ついに函館に着いた耀次郎。

そして、赫之丈との再会はお互い対する悲しい宿命をおしえてくれ

た。赫之丈は首を護る存在?

しかし、それを知っている蒼鉄先生の正体って・・・・。

いまだに伏線が回収されてないよねー。

神無も次回出てくるようだけど・・・最近出番が少なくてサビシイ・・・

幕末機関説 いろはにほへと 巻の三 DVD 幕末機関説 いろはにほへと 巻の三

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« コルダ2 | トップページ | 京四郎と永遠の空第9・10話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189284/5702120

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末機関説いろはにほへと第21・22話:

» 函館 ラサール [これいいよ]
函館ラ・サール学園(はこだてラサールがくえん)は、北海道函館市にある函館ラ・サール中学校・高等学校及び函館ラ・サール中学寮・高等学校寮を運営する学校法人である。 [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 20時09分

« コルダ2 | トップページ | 京四郎と永遠の空第9・10話 »